子宮内膜症の原因

子宮内膜症は本来、子宮の内側にあるべき内膜が、子宮内部以外にも発生してしまう病気です。子宮内膜症のはっきりした原因はわかっていませんが、経血とともに子宮内膜組織が逆流してしまい、卵巣内に定着するという説もあります。しかし、稀に胃や長にも子宮内膜症が発生することもあり、これ以外にも発症する原因はあると考えられています。
子宮外に発生した内膜は月経とともに出血します。通常ならば経血として排出されますが、行き場を失った血液は組織内にとどまり、炎症を起こします。この炎症が生理痛を悪化させる原因にもなります。また、長期間炎症が続くと、卵管を詰まらせ卵管障害を招いたり、卵巣に発生すると排卵障害を招いたり不妊の原因となってしまいます。

子宮内膜症の漢方での対処法

清熱解毒

子宮内膜症は慢性的に炎症が繰り返す状態ですので、漢方薬は炎症を鎮める処方を用います。

代表処方・生薬
五味消毒飲加減、金銀花、野菊花、蒲公英など

袪痰・活血化瘀

排出されずに体内にたまった血液は漢方・中医学では「痰」、「瘀血」に分類されます。これらを取り除く漢方薬が去痰薬、活血薬に分類されます。また症状が強い場合、より作用の強い「破血薬」を用いることもあります。

代表処方・生薬
シベリア霊芝、桂枝茯苓丸、芎帰調血飲第一加減、山稜、莪朮、水蛭(スイテツ)など

補血

血を補いホルモンバランスを安定させる方法です。

代表処方・生薬
婦宝当帰膠、当帰芍薬散、四物湯など

補腎

生理周期が不安定という場合やお子さんをご希望される場合に用いる方法です。漢方・中医学では生殖に関わる卵巣・子宮は補腎という方法でバランスを整えます。

代表処方・生薬
杞菊地黄丸、瀉火補腎丸、参茸補血丸、参馬補腎丸、双料参茸丸、二至丸、鹿茸、亀板、鼈甲など

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事