宮城県大崎市、仙台市の漢方相談は漢方薬カワシマへ

営業時間:9:00〜19:00 / 定休日:月曜・祝日
宮城県大崎市古川北稲葉2-10-50
HPのリニューアル作業を行なっているため、表示が崩れる場合があります。

更年期障害

更年期障害について

女性ホルモンのエストロゲンの分泌は、20~30代でピークになりますが、50歳前後に閉経を迎えるころは急激に減少し、体に様々な影響が現れます。

更年期に起こりやすい体の不調

  • 顔がほてったり汗が急に出る
  • 疲れやすくい
  • 寝つきが悪くなったり睡眠が浅い
  • イライラしやすい
  • 気持ちが落ち込みやすく優鬱
  • めまい
  • 吐き気
  • 血圧上昇
  • 骨粗しょう症
  • 筋肉の減少
  • 太りやすい
もし、このようなお悩みがありましたら、漢方で体のホルモンバランスを整えるのもオススメです。 漢方薬は、「漢方と言ったら婦人薬、婦人薬といったら漢方」といわれるほど、婦人科系の不調には効果が現れやすいと言われています。若い女性の生理痛や生理不順、子宝や冷え性をはじめ、更年期障害といった女性特有の症状の緩和に大いに役立てられています。
50代主婦 介護中ホットフラッシュ・不眠・疲労感 最近、何度も汗が吹き上げるように出てきたり、急にのぼせたり、その後背中がスーッとしたり (ホットフラッシュ) する症状を繰り返すのでとても悩んでいるとの事でした。また 疲れやすく、熟睡できないという事でした。そこで更年期に起こりやすい、のぼせや自律神経の乱れを緩和する加味逍遥散という漢方薬やほてりを改善するため腎陰を補う漢方薬、出にくくなった女性ホルモンを助けるサプリメントを紹介しました。 1カ月後 一日5~6回あったホットフラッシュが、2~3回に減りました。朝は、疲れがとれず起きるのがつらかったのが、すっきり起きれる日が多くなってきたようです。しかし、夏の猛暑も手伝って、汗の方はまだあまり変化が見られないと訴えてられています。全体的に改善の様子が見られたので、お薬は変えずにまた一ヶ月続けていただきました。 2カ月後 ホットフラッシュはまだ少しはありますが、疲れの方もだいぶ、良くなってきました。汗のほうは前より楽になり、夜も熟睡できるようになったと喜ばれていました。でもまだ更年期の症状はまだ落ち着いていないので、もう一ヶ月同じお薬を続けて頂きました。 3カ月後 介護をしていたご家族の体調が悪化し、介護が以前よりきつかった時があったため、体調が悪化した時期がありましたが、それでも毎日漢方薬を続け、今は以前と比べると、大分良くなっているような気がすると、お話しされました。お薬はそのまま続けていただきました。 4カ月後 体の方は、よい状態を保っておられます。体が落ち着くまでしばらく漢方薬を続けていきたいとの事です。
50代前半 会社員 宮城県大崎市ホットフラッシュ・頭重・めまい・足の冷え ホットフラッシュがひどく、その時は顔がじとーと汗ばむ感じがして、足が冷たく、頭はのぼせるような感じがする。また最近は生理不順になり、睡眠も浅くなってきたとの事でした。朝起きると、時々頭が重く、仕事中は時々めまいや吐き気もあり、吐き気がすると下痢を伴う事があるという事でした。体調が悪い時は、会社も休みがちになり、自宅では食事の準備ができない程つらいと話されました。病院からは、安定剤やめまいを抑える薬が処方されていました。 そこで、更年期のホルモンバランスを整える漢方薬、また頭に登った血液を足の方へおろし、足を温め、のぼせを改善する漢方薬を紹介しました。 1カ月後 ホットフラッシュが大分楽になった。しかしまだ夜、眠りが浅く、朝起きると頭が重い。他に目の奥が苦しくなったり、肩こりが気になり、足が寝てる間につってしまう事があると話されました。 漢方薬は、3種類、その日の体調に合わせて選んで服用していただきました。 2カ月後 足の攣りや、夜の眠りの質が改善し、疲れもさほど気にならなくなってきたとの事でした。しかし、今度はめまいが気になり、仕事中のくらくらする事があるとの事でした。そこで上半身特に耳の奥にある、内耳の周りのリンパ液の流をと改善する漢方薬も紹介しました。 3カ月後 朝、めまいは疲れがたまった時、一時的には気になるが、今はあまり感じなった。朝、目覚めると頭が重かったのが最近はすっきりし、夜も眠れるようになり、疲れにくくなりました。 ようやく気、血、水のバランスも整ってきました。普段からストレスをためない事、頑張りすぎないことなどをお伝えしました。
40代後半 主婦 宮城県仙台市不安感が強い 生理も不順で、ホットフラッシュの症状が急に出る。涙もろくなったり、夜眠れないときは動悸や不安を感じ、緊張するとトイレの回数が増えて悩んでいるとの事でした。そこで植物性の女性ホルモンのような働きがあるイソフラボンと加味逍遥散、牛車腎気丸を合わせて使用して頂きました。 1カ月後 落ち込む回数が減ってきた。しかし血圧が上昇し、まだ動悸やホットフラッシュは続く。血圧の安定のために、冠元顆粒も合わせてご紹介する。 3カ月後 ホットフラッシュはたまにまだあるが、頻尿はだいぶ楽になりました。今度はまた落ち込む事があり、食欲があまりなくやや吐き気がある。便通はよい時と悪い時がる。最近体重が減ったという事なので精神的不調が胃腸にも及んでいると判断し、開気丸をご紹介する。 4カ月後 食欲も増し、体調が良くなった。漢方薬は変えずにそのまま継続する。 5カ月後 動悸や不安感は減ってきたが、お腹で鼓動を感じる。 帰脾湯、加味逍遥散を服用する。 6カ月後 眠れなくなる事がある。また、心配になって不安感が現れ始まり、胃の調子も悪い。 7カ月後 開気丸、半夏厚朴湯、帰脾湯をその日の症状に合わせ、服用していただく。 8カ月後 吐き気は治まった。以前より体調の安定する日が多くなったが、漢方薬を証に合わせて継続中。